HOME > Dynamics 365(CRM)の機能 > 営業支援

営業支援

営業現場の情報共有と活用をサポート。
運営コスト削減と収益アップを推進します。

使える機能と使いやすい画面、Microsoft Officeとの連携で、多忙な営業現場でも負担なく活用できるSFAソリューションです。営業情報を整備し、営業プロセスを効率化することで、個人のスキルに依存した営業を組織的な営業へと変革。
社内の情報共有や協業を促進し、常に先を行く攻めの営業を可能にします。

このようなご要望にお応えします

  • 営業担当者の負担なく、顧客情報や営業情報を蓄積したい
  • すべての情報をお客様中心に一元化したい
  • 営業情報やノウハウを社内で共有したい
  • 営業プロセスを標準化、効率化し、ムダな作業を減らしたい
  • 営業レポート作成や分析を簡単に行いたい

主な機能

商談と営業活動の管理

Outlookと連携し、自然に営業情報を整理、蓄積

Microsoft Dynamics 365(CRM)はOutlookの画面からのアクセスが可能。さらにOutlookで作成するEメール、スケジュール、連絡先、タスクを、Microsoft Dynamics 365(CRM)の活動履歴や営業報告として自動連携できるので、同じデータをグループウェアとCRMに二重入力する必要がなくなります。

Outlookとの連携のイメージ

  1. ※1 他グループウェアとの連携も対応可能
  2. ※2 Outlookと連携せず、Webアプリケーションとしての利用も可能
Outlook連携

Outlookの中からCRMにアクセス。予定表、メール、連絡先などをCRMと連動できる。

Outlookとの連携のスクリーンショット

商談管理画面

商談について必要な情報をきちんと集めて管理すれば、レポーティングも容易になる。

商談管理画面のスクリーンショット

ページのTOPへ

顧客の管理

お客様中心にすべての情報を一元化

社内でバラバラに管理されている顧客情報を一元化することで、非効率な多重入力や多重管理をなくします。さらに社内の情報共有と連携が進むことで、適切な顧客に適切な営業活動をタイミング良く提供することが可能となり、競合他社に差を付ける営業戦略を実行できます。

顧客の管理のイメージ

企業情報管理画面

顧客企業の住所、業種、従業員数、担当者など基本的な情報を管理する。

企業情報管理画面のスクリーンショット

活動履歴一覧確認

お客様に対して行った活動(キャンペーン、商談、メール配信など)がすべて一覧で確認できる。

活動履歴一覧確認のスクリーンショット

ページのTOPへ

営業プロセスの標準化

営業の「勝ちパターン」を全員で実践

営業のベストプラクティスをシステムで標準化し、商談の各ステージで行うべきアクションを自動的に促す設定が可能。案件の優先順位やタイミングをシステムが自動的に判断して通知するので、営業活動の偏りや漏れがなくなり営業サイクルの短縮や受注率の向上が期待できます。

営業プロセスの標準化のイメージ

やることリストのスクリーンショット

やることリスト

現在対応中の商談、近日中に訪問する顧客、新規にアサインされた見込み客、などをポータル画面にリストアップ。

ページのTOPへ

営業分析とレポート

簡単に営業レポートを作成

これまで多大な時間を奪われていたレポート作成や分析データの集計。CRMにデータを集約することで、各自が必要な情報を瞬時に入手できるようになります。よく使われる定型レポートは標準提供で用意。またExcelを使った動的ピボットでリアルタイムな分析も可能。迅速な意思決定が可能になります。

営業レポート

検索条件を設定し、自由にリストを作ることが可能。見たい視点で自由に簡単にリストを作成。

営業レポートのスクリーンショット

Excelレポート

各種レポートやリストはExcelにダウンロードすることが可能。動的ピボットとして保存し常に最新の情報を確認することもできる。

Excelレポートのスクリーンショット

営業パイプライン

パイプラインの数や金額など、現在の状況を視覚的に確認することができる。

営業パイプラインのスクリーンショット

ページのTOPへ

Microsoft Dynamics 365(営業支援)
モジュール機能一覧

営業計画 ターゲティング 条件を指定し対象顧客を絞り込み。的確なターゲットにアプローチする営業計画を立案。
プロセス標準化 商談ステージごとに行う活動のルール化が可能。個人の勘や経験、スキルに依存しない組織的営業活動を実現。
目標管理 営業件数や金額などの目標(ターゲット)を設定し、その達成度や進捗を確認できる。
見込み客管理 新規取り込み 各チャネルからのお問い合わせや新規見込み客を「潜在顧客」としてデータベースへ登録、管理。
自動割当 予めルールを設定し、新規見込み客を適切な営業担当やキューへ自動割り当て。商談の自動生成も可能。
履歴管理 一括メール送信、営業コール、営業訪問等の各履歴を蓄積、管理。
顧客管理 企業マスター管理 顧客企業の情報管理。D&B、東京商工リサーチ、帝国データバンク等外部企業情報の取り込みも可能。※1
顧客関連情報管理 企業の親子関係、関連子会社、担当者情報、代理店情報等、企業の関係性情報を一元的に管理。
360度カスタマビュー 担当企業、担当者、ビジネスサイクル、顧客接点履歴をすべて一元化。部門間での情報共有も可能。
活動管理 スケジュール連携 顧客訪問予定をOutlookと同期。スケジュールと顧客訪問履歴のニ重管理が不要に。
メール連携 メールをCRMの顧客情報に同期。顧客対応メールの履歴管理と社内情報共有が容易に。
モバイル連携 Windows Mobile®や携帯電話から、企業情報や訪問履歴参照、日報入力が可能。※1
活動報告、日報 Outlookから日報や顧客の声(VOC)を登録。入力項目は自由に設定変更可能。
アラート設定 上司への報告や次回訪問日など次のタスクをOutlookの仕事として登録。自動設定も可能。
商談管理 ステータス管理 営業プロセスを標準化、商談進捗状況を管理。営業担当者の活動と商談ステータスの連動も可能。
見積管理 商談と紐付けた見積管理。見積明細(製品、単価等)の構成やバージョンの管理が可能。
ナレッジ共有 提案ドキュメントや承認プロセス等のナレッジ共有。商談の過去訪問やメール履歴等の時系列管理。
営業分析とレポート ポータル 顧客情報を担当者視点でダッシュボード表示。達成状況、見込、訪問等のプライオリティを管理。
定型分析レポート 営業パイプライン、顧客別、地域別受注状況等は、ドリルダウンレポートの活用で定型分析が可能。
非定型分析レポート 上司への報告や次回訪問日など次のタスクをOutlookの仕事として登録。自動設定も可能。
  1. ※1 当該機能はパートナー ソリューションの適用が必要となります。

ページのTOPへ