HOME > Dynamics 365(CRM)の機能 > Microsoft 製品との連携

Microsoft 製品との連携

使い慣れたOfficeとの連携で
スムーズな導入・運営が可能です。

Microsoft Officeとの連携

Outlook連携

顧客情報をひと目で把握

Outlook内のスケジュール、EメールをCRMと同期

ユーザー視点のOutlook

  • ユーザー視点のOutlook
  • ユーザーが送受信したメール
  • ユーザーの連絡先
  • ユーザーが行うべきTo Doリスト

顧客視点のCRM

  • 顧客への訪問予定(履歴)
  • 顧客へ送受信したメール
  • 顧客に関する連絡先
  • 顧客に対して行うべきTo Doリスト
Eメール連携
  • Eメールメッセージを顧客に関連付け
  • メール送信と同時にCRM内の顧客活動履歴として格納。
仕事連携
  • Outlookの仕事とCRMの活動予定を同期。To Doリストを統合。
Outlook連携のスクリーンショット
連絡先連携
  • Outlookの連絡先とCRMの顧客情報を同期。
予定表連携
  • 予定を顧客に関連付け
  • 予定作成と同時にCRM内の顧客活動予定としてデータ作成。

Word連携

Microsoft Dynamics 365(CRM)で管理している項目から自動的にWordに差し込みが可能。
DMやEメールを簡単に作成。

Word連携のスクリーンショット

Excel連携

Microsoft Dynamics 365(CRM)の顧客データをExcelからリアルタイムに分析、活用

CRMのデータを動的に連携。いつでもリアルタイムの情報を取り込み容易にレポート作成。
使いなれたExcelで、誰でも簡単に高度な分析が可能に。

Excel連携のイメージ

ページのTOPへ

Microsoft Online Services 連携

Microsoft Online Services連携のイメージ

ページのTOPへ

Microsoft Azure 連携

Microsoft Dynamics 365(CRM)と連携するアプリケーションをMicrosoft Azureで開発、クラウド上で展開し社外の人と情報共有することなども可能に。

Microsoft Azure 連携のイメージ

ページのTOPへ