HOME > Dynamics 365(CRM)の機能 > 選べる2つの導入方法

選べる2つの導入方法

Microsoft Dynamics 365(CRM)なら、
クラウドも自社設置も、導入後の移行も可能です。

Microsoft Dynamics 365(CRM)なら、クラウド型も自社設置型も、どちらも選べる、移行もできる
初期投資を抑えたい、運用負荷を軽減したい。でも長期的に考えると費用がかさむ、社内システムとも連携したい・・・ クラウド型を選ぶ理由、自社設置型を選ぶ理由は企業によって異なります。また経済環境やお客様のビジネス戦略に沿って、システムへの要望も常に変化していきます。Microsoft Dynamics 365(CRM)は、クラウド型、自社設置型、どちらの導入方法を選択することも可能。

クラウド型(オンライン)

メリット

  • 初期費用を抑えられる
  • 構築期間が早い
  • 常に最新バージョンを利用可能
  • いつでもやめられる
  • 運用要員が不要

課金方式 月額支払

自社設置型(オンプレミス)

メリット

  • 業務に併せたカスタマイズが可能
  • データ連携や拡張性を担保
  • セキュリティ対応への柔軟性
  • 精緻な運用、保守設計が可能
  • 資産化、償却期間設定の裁量

課金方式 一括支払

ページのTOPへ

検討事項1企業戦略

どんな目的で、どんな規模で、どれくらいの期間、CRMを利用するのか──。
企業戦略によって、クラウド型を選ぶのか、自社設置型を選ぶのか、最適な導入方法は変わってきます。

  • スポット利用

    OR

    中長期利用

  • 部門導入

    OR

    全社導入

  • 経費

    OR

    資産/原価償却

  • 自社運用

    OR

    アウトソース

  • 単一システム

    OR

    複数システム連携

ページのTOPへ

検討事項2コスト

費用を月払いにし、初期投資を抑えるのか、逆に年ごとの支払額を抑えるために、導入時にまとまった額を投資するのか。
費用面でも、クラウド型/自社設置型の選択肢は変わってきます。
まずは、クラウド型でスモールスタートし、後から自社設置型へ移行することも可能です。

導入費用シミュレーションイメージ

クラウド型
クラウド型の導入費用シミュレーショングラフ
クラウド型から自社設置型に移行※1
クラウド型から自社設置型に移行した場合の導入費用シミュレーショングラフ
自社設置型
自社設置型の導入費用シミュレーショングラフ

上記グラフは下記の条件で試算したものです。実際の導入時のご要件に応じ、費用は異なります。

利用ユーザー数 40
ライセンス費用 クラウド型 1User ¥5,000-/月、
設置型 1User ¥100,000-
初期カスタマイズ、サーバー設置費用等 クラウド型 ¥1,000,000-、
設置型 ¥5,000,000-、
移行時 ¥4,000,000-
設置型の年間保守費用 ライセンスの約20%
  1. ※1 クラウド型で3年間利用後、4年目に自社設置に移行と仮定
  2. ※2 Microsoft Financing利用による5年分割払参考例。ライセンス費用、初期カスタマイズ、サーバー設置費用が対象

たとえばこんな運用も可能です

運用例のイメージ

ページのTOPへ