HOME > Dynamics 365(CRM)の機能 > SNS連携サービス Convergent® ソーシャル

SNS連携サービス
Convergent® ソーシャル

LINE WORKSとの連携で、営業現場の働き方改革を支援

営業担当者の活動報告をスマホから音声入力

従来、営業担当者が外出先で営業活動報告などをSFA/CRMに入力する場合、パソコンを利用するのが一般的であり、時には入力作業を行うためだけに会社に戻ることもありました。

SNS連携サービス「Convergent® ソーシャル」は、マイクロソフトが提供するクラウド型業務アプリケーション「Microsoft Dynamics 365」と、ワークスモバイルジャパンが提供するビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」を連携することにより、「LINE WORKS」内のチャットボットを利用し、会話形式での音声入力による活動報告作成が可能となりました。

これにより、営業担当者は、パソコンで「Microsoft Dynamics 365」への入力作業が不要となり、外出先でスマートフォンに話しかけるだけで、簡単に活動報告を入力できるなど、よりスマートなテレワークを実現し、働き方改革にも繋がります。

SNS連携サービス「Convergent ソーシャル」

利用シーン

シーン1:自身の予定の抽出

営業担当者自身の予定をチャットボットがDynamics 365から抽出し、メッセージとして返信してくれます。営業担当者はスケジュールツールにアクセスすることなく、使い慣れたSNSで報告するべき予定を取り出せます。

シーン2:音声による活動報告

Dynamics 365のクライアントアプリを使用することなく、SNSツールで情報の登録が可能です。
チャットボットに対して会話形式で返信することで、Dynamics 365に情報が登録されます。

SNS連携サービス「Convergent® ソーシャル」に関する
疑問・質問はメールフォームよりお気軽にお寄せください。

お問い合わせ・資料請求

ページのTOPへ